【第4回】一緒に競馬を楽しんでくれる女性とかどうですか?
お笑い芸人のキャプテン渡辺です。趣味は競馬にパチスロ、麻雀とギャンブル毎日三昧。土曜テレビ東京系列で放送中の『ウイニング競馬』にも出演中!
この私が切り込み隊長となって馬主、調教師、騎手に話を伺う『キャプテン渡辺のウィナーズサークル』。

田中歩さんへのインタビュー4回目。今回は「結婚は?」「彼氏は?」。プライベートの話題に切り込みます。
今回のインタビューは「Gate J.SHINBASHI」で行いました。

馬券はどれくらい買いますか?

1日30万円負けたというキャプテンに田中歩さんは...

渡辺:歩ちゃんって地方競馬も担当されてますけど、馬券も頻繁に買われているのですか?

田中:移動中に買える馬券があったら買ってます。

渡辺:とはいえボクみたいに馬券に生活や、それこそ命を賭けてまでは買っていないですよね。

田中:G1予想はそれに近いかも(笑)。デスクからのプレッシャーがいつもと違いますから。

渡辺:ジャングルポケットの斉藤なんかは、目が血走って馬券買ってますからね(笑)。ボクなんか、生活費なくて「ポイントの残高残っていてよかった、これで飯が食える!」なんてことがざらですし、逆に馬券を買ってた馬がきたときは、背骨が折れるくらいガッツポーズでますから。

田中:あはは。キャプテンさんは、土日のレースすべて馬券を買っているんですか?

渡辺:いまはレースを絞ることにしました。昨年1日34レースすべての馬券を買って、1度も当たらなくて30万円負けたことがあったんですよ。単複買っているのに全然当たらない。最後のレースで負けてスッカラカンになったときは、しばらく動けませんでした。

田中:だんだん熱くなって、冷静さを失われた感じですね。

渡辺:同じ30万円を競馬で使うなら、レースを絞って自信のあるレースを10万円ずつ3回賭けるとか、負け方をちゃんと考えようぜってことですよね。一番もったいない負け方でした。

田中:馬券で負けると、すぐ取り返したくなり、次のレース、次のレースってなってしまいがちですよね。

渡辺:ボクは常に深呼吸することにしてます。負けた直後にまた買いたいと思ったら、次のレースがあるんだ、来週もあるんだと思って、ゆっくり深呼吸。これが熱くならないコツですね(笑)。

田中:でも負けたら勝つ時もあるし、お金って使った分巡ってくるっていうじゃないですか(笑)。

渡辺:そんな慰め、ボクにはいらないです! めぐってきたためしがないですから(笑)。

一緒に競馬を楽しんでくれる女性とかどうですか?

「キャプテンも早くいい奥さん見つけてください」(田中歩さん)

田中:まだ私がキャスターしていないときに、一度みんなで大井競馬場に遊びに行ったことがありましたよね。

渡辺:ありましたね(笑)。

田中:そのときも馬券で負けて交通費がなくなっていて驚きました。

渡辺:個室で食事しながら馬券を買って、最後は割り勘でこっちは馬券でスッカラカンだったからとてもキビシー状態でした(笑)。

田中:あのときもそうでしたけど、競馬って、友達と当たった、外れたってワイワイしながら観るのが楽しいですよね。

渡辺:あれからもう10年近く経つけど、歩ちゃんもボクもこうして競馬をつづけられているっていうのがとてもいいことですよね。ボクなんか破滅せずに、まだ競馬つづけてられますから。

田中:キャプテンも早くいい奥さん見つけてくださいよ。そうすればお小遣いせいになって、いままでの生活も一変するんじゃないですか。

渡辺:いい奥さんを見つけるには歩ちゃんとかの紹介でもあると思いますよ(笑)。

田中:タイプを言っていただければ、私の知り合いの中から探しますよ。一緒に競馬を楽しんでくれる女性とかどうですか?

渡辺:うーん...。ボクは家で寝っ転がりながらグリーンチャンネル見ているのが一番幸せなんです。放っといてほしいタイプなので、むしろ競馬が終わってから家に来るみたいな女性がいいですね。それから無口な女性がいいです。

田中:無口な女性ですか...。

渡辺:金銭的なこととかもいろいろありますから、その子も稼いでくれないとですね。

田中:なかなか難しいですね(笑)。あ、わかった! そういうロボットができると良さそうですね。AIを使った競馬予想も最近よく見かけますし、ロボットと2人で競馬予想して稼ぐとか(笑)。

渡辺:何を言っているんですか! もういいです、頑張って見つけます(笑)。そろそろお時間のようで、今日はありがとうございました。

田中:今日私、幼少期の話ししかしてないですけど大丈夫ですか?(笑)。


田中歩さんに聞くキャプテン渡辺のここだけの話

Q.ちなみに彼氏はどれくらいいないのですか?
A.内緒です(笑)。(田中歩さん)

渡辺:いない歴が長くても大丈夫。おそらく歩ちゃんよりも、遥かに凌駕する男が隣りにいますから。

田中:何年目でしたっけ?

渡辺:私は21年目です。

田中:最初に聞いたときは13年くらいだったような...。早くいい相手を見つけないとですね(笑)。

渡辺:お互いさまです(笑)。


田中歩さんへのインタビューは今回で終了です。次回は、松岡正海騎手へのインタビューです

田中歩:1983年7月生まれ。父は元騎手で現在美浦トレーニングセンター所属の田中剛調教師。客室乗務員からフリーアナウンサーへ。『南関東地方競馬中継』『東京シティ競馬中継』のキャスター、リポーター、グリーンチャンネル『go Racing!』『海外競馬中継』のアシスタントを務める。スポーツ報知にてG1予想コラム『田中歩の馬と歩もう』連載中。
キャプテン渡辺:1975年10月生まれ。お笑い芸人。競馬、競輪、パチンコ、パチスロは趣味の域を超えていまや生活の一部に。特技は関節技。2015年度の船橋競馬場のイメージキャラクターを務める。現在テレビ東京系列で放送中の『ウイニング競馬』にレギュラー出演中。

Gate J. SHINBASHI
競馬まるわかりスポット。月刊優駿の最新号をはじめ、競馬関連書籍や各種ホースグッズが取り揃っています。
  • 開館時間:平日 11:30~19:00、中央競馬開催日 9:30~17:00 (原則最終レース確定まで)
  • 休館日:毎週火曜日・祝日(但し競馬開催日は開館)・年末年始
  • 入館料:無料
Gate J.SHINBASHI 公式サイト
※この記事は 2019年7月5日 に公開されました。