【第3回】競馬の世界に入るきっかけ
お笑い芸人のキャプテン渡辺です。趣味は競馬にパチスロ、麻雀とギャンブル毎日三昧。土曜テレビ東京系列で放送中の『ウイニング競馬』にも出演中!
この私が切り込み隊長となって馬主、調教師、騎手に話を伺う『キャプテン渡辺のウィナーズサークル』。

手塚調教師を迎えてのインタビュー3回目。今回はそもそも競馬の世界に入ろうと思われたきっかけなどを中心にお話を伺いました。

競馬の世界に入るきっかけ

手塚調教師が競馬の世界に入ろうと思われたきっかけとは?

渡辺:そもそもの質問なのですが、手塚調教師はもともと競馬ファンからこの世界に入られたのですか?

手塚:親父が調教師だったんですよ。すぐ近くで馬の調教してましたし、競馬一家で育ちました。

渡辺:調教師になることは早くから考えていたのですか?

手塚:いいえ。大学卒業してからですね、調教師になろうと決めたのは。

渡辺:それまでは職業として調教師を選ぶことはまったく思わなかったのですか?

手塚:全然。普通にサラリーマンになろうと思ってました(笑)。

渡辺:それが、どういう経緯で競馬の世界に足を踏み込んだのですか?

手塚:最初、私にとって親父は反面教師だったんですよ。親の仕事を最初は嫌だなぁと思ってました。親父は栃木の足利競馬で調教をしていて、公営競馬は当時周りからも柄が悪いと見られてましたし、そういう仕事を親父がしていて幼少期から嫌だなという思いがありました。

渡辺:いまでこそだいぶ競馬のイメージも変わってきましたが、当時はまだ昭和ですものね。

手塚:大学入るときに親元を離れて東京に出てきたんですが、大学に入ったら知り合いに競馬好きがたくさんいて「お前調教師の息子なのか」と競馬場に連れていかれました。親から離れて改めて競馬を見ると、これまで見てきた競馬とはまた違っていて面白いなと感じましたね。

渡辺:でも就職はサラリーマンを最初目指していたんですよね。

手塚:そうですね。大学4年のときに就職活動し終わって、いろんな企業から内定ももらってました。

渡辺:そこから競馬の世界に急シフトするわけですか?

手塚:親父と一緒に北海道に旅行に行ったんですね。親父は馬の仕入れで行ったんですが、牧場で1歳馬、2歳馬が走っている姿を見てこういうところで仕事をするのもいいなと思って。そこからですね、方向転換してサラリーマンやめようと思ったのは。

渡辺:なんと(笑)。

手塚:最初は親父の跡を継いでもいいかなくらいしか思ってなかったんですが、ライスシャワーを手がけた飯塚(好次)調教師がうちにお墓参りに来られて一緒に夕飯を食べていたとき「調教師になりたい」と話をしたら、「それだったらJRAでやったほうがいいよ」と薦められたんです。

渡辺:そうなんですね。

手塚:調教師は免許制なので必ず跡を継がなければならないというものでもないですし、場所はどこでやっても同じかなと思ってJRAを受けたんですよ。何も考えずに競馬学校を受けたら試験で落ちた(笑)。

渡辺:企業の採用試験は受かるのに(笑)。

手塚:そう。えーっ、企業は受かるのに、競馬は落ちるのかと思いましたね。乗馬経験もなかったので、牧場経験もしないとと思い立ち、西山さんの牧場で1年間お世話になってからもう一度試験を受けて、それから厩務員になりました。

もしサラリーマンを選んでいたら

もしサラリーマンになっていたらの質問に...

渡辺:最初はどこで厩務員をされたのですか?

手塚:いまは定年された相川勝敏厩舎ですね。半年間お世話になって、そのあとは佐藤林次郎厩舎から佐藤全弘厩舎で調教助手をしました。

渡辺:いま振り返るとサラリーマンになってなくてよかったですよね。

手塚:よかったんですかね(笑)。ま、上からとやかく言われずに自由にやれるし、特に調教師になってからは自分でいろいろ決められるのはいいなと思いますね。

渡辺:サラリーマンになっていたらどうなっていただろうと、想像することはありますか?

手塚:たぶん出世できなかったでしょうね。こんな性格ですから(笑)。

渡辺:ハハハ。自由人という感じがしますものね。

手塚:あまり成績が上がらない営業だったなという気がします。大学の同級生で偉くなっている人がたくさんいて「お前があの企業の社長をしているの?」みたいなこともありますよ。そういう同級生を見ていると、調教師していてよかったなと思います。私が新卒のころはバブルの最盛期でしたから、不動産とか企業とかなんでもよかったけどそのあと不景気でしょ。大変ですよね。私などはその後の荒波に飲まれちゃう方だったと思いますね。

渡辺:知り合いからどの馬が勝つか教えてくれよとか言われることもありそうですね。

手塚:それは言われますよ。言われますけど、予想行為はできないでし、自分の携わっている馬しかわからないですから聞かれても答えられないですね。

渡辺:他の厩舎の馬のことはわからないから、比べようがないですよね。

手塚:自分で管理していた馬だったら比較はできるけど、他の厩舎の馬のことはわからないですよ(笑)。

渡辺:手塚調教師がこれまで競馬を見てきた中で、衝撃を受けた馬はいますか?

手塚:それは自分の厩舎とは関係ない馬も含めてですか?

渡辺:ファン目線で例えばディープインパクトとかでも構いません。

手塚:関東馬であげるとすればシンボリクリスエスですね。ゼンノロブロイも強かったけど、シンボリクリスエスは衝撃的でしたね。だからアルフレードがG1勝ったのはすごい嬉しかったですね。


以下、次回につづきます

手塚貴久:1964年9月生まれ。調教師。美浦トレーニングセンターに所属。1998年に調教師免許を取得。1999年に厩舎開業。ベルグチケットでフェアリーステークスを制し、開業1年目でJRA重賞初勝利。2011年アルフレードで中央G1初制覇。2018年フィエールマンで菊花賞を優勝し中央G1・4勝目を挙げる。
キャプテン渡辺:1975年10月生まれ。お笑い芸人。競馬、競輪、パチンコ、パチスロは趣味の域を超えていまや生活の一部に。特技は関節技。2015年度の船橋競馬場のイメージキャラクターを務める。現在テレビ東京系列で放送中の『ウイニング競馬』にレギュラー出演中。
※この記事は 2018年12月21日 に公開されました。