【第3回】デビュー当時と比べて
お笑い芸人のキャプテン渡辺です。趣味は競馬にパチスロ、麻雀とギャンブル毎日三昧。土曜テレビ東京系列で放送中の『ウイニング競馬』にも出演中!
この私が切り込み隊長となって馬主、調教師、騎手に話を伺う『キャプテン渡辺のウィナーズサークル』。
松岡騎手からの飲み会の誘いについて藤田騎手は? 3回目の今回はそんな話題にも触れてみました。

デビュー当時と比べて

デビュー当時と比べていまの自分は?の質問に...

渡辺:騎手になって3年目になりますが、デビューしたばかりのころと比べてだいぶレースにも慣れてきたのではないですか?

藤田:そうですね。たくさんの馬に乗せていただいて経験も積めているので、デビューしたころよりは引き出しは増えたかなと思います。でもまだまだ未熟なので、もっともっと技術を磨いて上達させていかないとと思います。

渡辺:スタートとか折り合いとかいろいろあると思いますが、一番難しいと感じるところはどこですか?

藤田:馬によって全然違うところですね。同じ馬でもそのときどきによって違うので、前回こうだったからこうしようと思っても違った結果になることもあるし、そういうところが難しいです。

渡辺:調教やレースで馬に跨ったときに、この馬は走るなとかわかったりしますか?

藤田:少しは馬の能力の違いがわかるようになってきたかなと思います。

渡辺:松岡騎手に以前「馬によって背中が違うというのはどういうことですか?」と質問したら、「いい馬はベンツでスーッと走る、走らない馬は軽トラ」と話されてました。

藤田:なんとなく、わかるような気がします。

渡辺:パドックで馬の実力以上に人気になっているとき、焦ったりしませんか?

藤田:オッズは全然見ないので、厩務員さんが「何番人気だよ」って言ってきたら、「あ、そうなんだ」と思う程度ですね。「あ、こんなに人気があったんだ」とか、「人気なかったんだ」とか、レースが終わったあとに知ることが多いです。

渡辺:パドックで馬に跨っていて、「今日はいけるぞ」と思うことはありますか?

藤田:パドックではあまり感じないんですけど、返し馬で今日これはいいかもしれないと思うことはあります。

渡辺:返し馬での調子の良し悪しって、ボクは何度見てわからないんですよね。どのあたりで今日はよさそうと判断されるのですか?

藤田:馬によって違うんですけど、前向きさがあって、首を使って走れている馬は、今日はすごくいいんだなと思います。

渡辺:なるほど。

松岡騎手からの誘い

「松岡騎手に反論させてください」と藤田騎手

渡辺:そういえば、松岡騎手がインタビューで藤田騎手が全然飲みの場に来てくれないとぼやいてました。あぁ見えて松岡騎手って優しいじゃないですか。女の子ひとりだし、孤立しないようにと誘っていると思うんですけど、全部断られたと言ってました(笑)。

藤田:それは違います(笑)。松岡騎手に意見を言ってもいいですか?

渡辺:どうぞ(笑)。

藤田:寮でご飯を食べているときに、「これから麻雀やるぞ」とか「これからパチンコやりにいくけど行くか」みたいな、食事ではなくてそういう誘い方なんです。

渡辺:それって、行くわけないじゃないですか、ね(笑)。

藤田:それは断るじゃないですか。それで全部誘いを断っているみたいな言い方をされるんです。

渡辺:そうやっていじられているんですね、松岡騎手に(笑)。


以下、次回につづきます

藤田菜七子:1997年8月生まれ。競馬学校第32期生。2016年3月にJRA所属として16年ぶりとなる女性騎手免許を取得。同年3月デビュー。2017年にはJRA女性騎手の年間最多勝利記録を更新、中央競馬騎手年間ホープ賞を受賞。2018年8月JRA女性騎手最多勝記録を更新。
キャプテン渡辺:1975年10月生まれ。お笑い芸人。競馬、競輪、パチンコ、パチスロは趣味の域を超えていまや生活の一部に。特技は関節技。2015年度の船橋競馬場のイメージキャラクターを務める。現在テレビ東京系列で放送中の『ウイニング競馬』にレギュラー出演中。