【第2回】ワクワクする瞬間
お笑い芸人のキャプテン渡辺です。趣味は競馬にパチスロ、麻雀とギャンブル毎日三昧。土曜テレビ東京系列で放送中の『ウイニング競馬』にも出演中!
この私が切り込み隊長となって馬主、調教師、騎手に話を伺う『キャプテン渡辺のウィナーズサークル』。
今回は、レッドファルクスでスプリンターズステークス二連覇を達成した東京サラブレッドクラブ 西川哲社長、また特別ゲストとして一口クラブのあり方に深い関心を寄せクラブ運営を応援している山本英俊オーナーにお越しいただきました。今回は馬券について、ワクワクする瞬間についてお聞きしました。

馬券は買われるんですか?

「馬券? 買いますよ。以前のほうが当たってましたね」(西川社長)

渡辺:話は変わるんですが、お二方は馬券も買われるんですか?

西川:買いますよ。

渡辺:結構買われるんですか?

山本:西川社長の場合、かなりの勝負師ですよ(笑)。

西川:いやいや、そうでもないです(笑)。

渡辺:馬券の的中率はどうですか?

西川:以前のほうが当たっていましたね。3連単が登場してから的中率は少し下がったかもしれない。

山本:といいながら西川代表は馬券師ですからね。かなり当てていますよ。

西川:馬券の巧さでいったら山本オーナーの方が上ですよ(笑)。

 

渡辺:ご自分の馬やクラブの馬が出走するとき、馬券をどう買おうか迷いませんか?

山本:私の場合、このレースは自分の馬なら勝てると思ったら買うけど、無理だと思ったらそのレースは見ているだけにしますね。

西川:つい私情が入ってしまいますからね。迷うところはありますが、私の場合はクラブの馬には勝ってほしいのでそういう願いも込めて馬券を買います。

ワクワクする瞬間

「新馬戦は不安や心配事の方が多いです」(西川社長)

渡辺:競馬をしていて、いちばんワクワクするのはいつでしょうか? 愛馬がデビューする新馬戦でしょうか?

西川:新馬戦は、ワクワクはできないですね。何と言ってもまだ子供ですから、大丈夫かな、無事走りきれるかなという不安や心配事の方が多いです。

山本:ドキドキするという意味ではG1ですね。特にダービーのときなど私の心臓音を聞かせてあげたいくらいですよ(笑)。

渡辺:(笑)。

西川:G1でクラシックともなると生涯たった一度きり、次がないですからね。大きなレースになればなるほどドキドキしますよ。

渡辺:一番勝ちたいレースはどのレースですか?

西川:それはダービーですね。大きなことを言うようですが、シンボリルドルフやディープインパクトのような無敗のダービー馬なんて夢があっていいですよね。

渡辺:そうした目標の大レースを目指していくには、ローテーションも大事になってくるかと思いますが、次にどのレースに出る、出ないはどのようにして決めていくのですか?

山本:こちらのクラブでは、全馬についてデビュー前からそれぞれの馬の競走馬としてのライフデザインというか生涯にわたるビジョンを描いています。血統、馬体、気性などあらゆる角度から徹底的に研究して、目標とするレース、そこに至るプロセスを詳細にデザインします。もちろんビジョン通りに運ばないこともありますが、そうした夢がなくては一口会員になった甲斐がありませんからね。

西川:ビジョンは、いわば会員さんとのお約束ですから、そこを目指して精一杯の努力を尽くすのですが、最終的なレース選択は一番馬を見ている調教師の先生と相談して決めています。

渡辺:レースの作戦なども話し合われるのでしょうか?

西川:そうですね。

「競馬って長い歴史と伝統に育まれてきたものですから、
歴史観や競馬思想が非常に大事」(山本オーナー)

山本:調教師の先生によっても考え方がそれぞれ異なるので、先生のジャッジを踏まえつつ、こちらからも意見を言ったりしながら決めていきます。

渡辺:同じ馬を預けるでも、調教師によってそんなに違うのですか?

山本:競馬って長い歴史と伝統に育まれてきたものですから、ある意味では歴史観や競馬思想が非常に大事だと思っています。普段の調教やレース選択にもそうした面が現われますね。先生によっては、牡馬であれば種牡馬になった時、果たしてどんな資質や馬体を伝えるのか、先々生まれてくる仔馬や孫の姿を想像しながらレースを選んだり調教に工夫を凝らしたりします。牝馬であれば繁殖に上がってどんな仔を産ませたいかまでイメージして競馬を使っていますね。そこまで考えないと、歴史や伝統を次の時代に引き継いでいけないと、本当に真剣に取り組んでいらっしゃいますよ。もう単なるトレーナーというより、生き生きとした想像力と豊かな創造力を働かせるクリエーターですね。

渡辺:そういう調教師さんがいらっしゃるから競馬がここまで発展してきた?

山本:はい。そうだと思います。

以下、次回につづきます

東京サラブレッドクラブ 西川哲代表取締役社長:1968年5月生まれ。プロゴルファー。株式会社東京サラブレッドクラブの社長を務める。兄は中山馬主協会会長の西川賢氏。主な代表馬にレッドディザイア(2009年秋華賞優勝)、レッドリヴェール(2013年阪神ジュベナイルフィリーズ優勝)、レッドキングダム(2014年中山大障害優勝)、レッドファルクス(2016、2017年スプリンターズステークス優勝)
山本英俊オーナー:1955年10月生まれ。フィールズ株式会社 代表取締役会長。個人馬主として馬を所有。主な代表馬にスピルバーグ(2014年天皇賞(秋)優勝)、カジノドライヴ(2008年ピーターパンステークス優勝)、ペルーサ(2010年青葉賞優勝)など。
キャプテン渡辺:1975年10月生まれ。お笑い芸人。競馬、競輪、パチンコ、パチスロは趣味の域を超えていまや生活の一部に。特技は関節技。2015年度の船橋競馬場のイメージキャラクターを務める。現在テレビ東京系列で放送中の『ウイニング競馬』にレギュラー出演中。
※この記事は 2017年11月10日 に公開されました。