【第4回】 馬主になるのではなく馬を生産したい
お笑い芸人のキャプテン渡辺です。趣味は競馬にパチスロ、麻雀とギャンブル三昧。土曜テレビ東京系列で放送中の『ウイニング競馬』にも出演中! こんなわたくしでもいつか馬主になってダービー制覇したい!有馬記念を勝ちたい!ということで始まりました『キャプテン渡辺のウィナーズサークル』。

ゲストはお笑い芸人のゴルゴ松本さん。今回はJRAへの要望、競馬への夢などを伺いました。

馬主には興味はありますか?(渡辺)

「馬を生産したいね。繁殖牝馬を仕入れて、種付けして」(ゴルゴ)

渡辺:馬主には興味はありますか?

ゴルゴ:以前、馬主になって自分の馬を走らせたいという気持ちはあった。けど、最近興味が変わってきて。馬に関わりたいけど、馬主になるのではなく馬を生産したいね。繁殖牝馬を仕入れて、種付けして、自分で生産して小さな牧場と関わりもちながら産まれた馬を売ってね。

渡辺:いいですね。

ゴルゴ:馬主はお金持ちの世界ですから。我々みたいな庶民は違う目線を持ったほうが面白いかなと。

渡辺:なるほど。

ゴルゴ:凄い馬たちといってもみな、繁殖牝馬が種付けされて母のお腹に宿ったところからがスタートしているわけですよ。誰が最初に馬を持っているかといったら売る人が持っている。毎年セリを見ていて、安くてもそういうところから始められたら夢があるなと思いまして。

渡辺:繁殖牝馬といっても高いでしょ?

ゴルゴ:いや、いま楽天で売ってる時代だよ。楽天オークションで。

渡辺:えー。楽天で売っているんですか?

ゴルゴ:楽天オークションで繁殖牝馬が出てる、時代が変わってきてるから、繁殖牝馬くらいなら持つことはできる。ディープ産駒とかは高いけど。ブラックタイドもキタサン効果で高くなっちゃったけど、その前は安かったでしょ。一口馬主で自分の馬が走るレースとか見るのも楽しいだろうけど。馬を生産してその馬が誰かに買われて、厩舎に入って「あとはお任せします、元気に走ってくださいね」という方がボクはいい。自分の馬となると、また違う思い入れがでてきちゃうじゃない。

渡辺:そうですね。

ゴルゴ:繁殖牝馬だね。それには牧場を持つことが必要だね。そのためには馬券を当てなきゃいけない。

渡辺:そんな簡単じゃないですよ、牧場を持つなんて。

ゴルゴ:日高とか行くと、牧場でも使ってないところもあるから、交渉して安く借りるのもありだよね。ゼロから開拓していくよりも、古いところをリノベーションしていった方がいい。いま若い人たちが牧場に増えているんですよ。新しい世代が新しいノウハウを取り入れてやっている。ひと昔前とは違うやり方になってきていて。この前も日高に行ってきたけど、きれいな建物ばっかりですよ。それみていいなぁと思って。

馬をずっと見ていると
だいだいパターンができあがってくる(ゴルゴ)

「今まで一番とった配当? 162万円の200円。3連単で」(ゴルゴ)

渡辺:馬をそばでずっと見ていると、馬体みてこの馬は走る、走らないとかとかわかるようになるらしいですね。ボクは全然わからないけど。

ゴルゴ:これね、毎レースパドック見ていてもわかるようになるよ。走る馬と走らない馬の区別がつくようになる。人気馬でも毛艶が悪いから今日はこないなとか、この馬はデムーロが乗っているから人気になっているだけだとか、わかるようになるよ。

渡辺:テレビと現場で実際に見るのとは違うっていいますけど、どうですか?

ゴルゴ:ボクはBSで競馬番組6年間やってて実感したのは、テレビの目線の方がいい。現場で見ると視線が左右にぶれて同じポイントで馬をみれなくなるんですよ。テレビだとその目線で前を通り過ぎていく馬をみれる。手で枠を作ってね。前の馬と次の馬を比較しながら見る。

渡辺:へぇー。

ゴルゴ:だいたいパターンができてくるんだよね。来る馬と来ない馬のパターン。

渡辺:なるほど、なるほど。

ゴルゴ:脚が曲がっているなと思いながら、最後末脚かまして3着にきたこといっぱいあった。

渡辺:馬券を買うとき必ずしも馬を見る時間があるわけじゃないですか。その場合はどうされているんですか?

ゴルゴ:穴太郎だね。野中穴太郎を絡めて買うよ(笑)。

渡辺:野中悠太郎騎手のことですね(笑)。

ゴルゴ:凄いんだから。全然人気のない野中騎手を馬券に絡めて、8レース中6レースワイドで的中して10万円くらい儲かったこともある。

渡辺:馬だけでなく、馬場もチェックしますか?

ゴルゴ:3コーナー、4コーナーで馬がどう回ってくるかで馬場状態がわかる。やわらかいか、乾いてきたか。土煙が舞うようになってきたら乾いてきたとか。中山は水はけがよくなってきたけど、雨が降っているときの4コーナーはひどいもんね。

渡辺:今まで一番とった配当はいくらくらいですか?

ゴルゴ:162万円の200円。3連単で。

渡辺:すごい!

「マネージャーが震えながら払戻金を持ってきた」(ゴルゴ)

ゴルゴ:普段3連単は買わないんだけど。その日、爆笑問題の田中さんと一緒に買ってたの。ネプチューンのホリケンとかもいて。田中さんは東スポで予想していたから、ニュースにも大きく出たけど、その馬券、ボクも買ってた。

渡辺:それってヴィクトリーの皐月賞ですか?

ゴルゴ:そう。その日、それまで30万くらい負けていて。全然当たんなくて。あと1万円しかなくて。もういいや、これで最後買おうと言って。それまで自分の予想で買ってたんだけど。ボクはフサイチホウオーが強いと思ってたから。

渡辺:フサイチホウオー、アドマイヤオーラが人気でしたね。

ゴルゴ:爆笑の田中さんがその日、それまで当たってたわけ。田中さんに「軸なに?」って聞いたら「ヴィクトリー」っていうから。それでフサイチホウオーと2頭軸で5頭だったかな。サンツェッペリンは最初から馬券に入れてて。それで200円ずつ。田中さんとボクの馬券で払い戻しが1000万円超えたんですよ。競馬好きのマネージャーに配当とりにいかせて。震えながら持って帰ってきた(笑)。

渡辺:ハハハ(笑)。

ゴルゴ:そのお金で次の週も馬券買ってて。同じように30万くらい負けていて。最後1800円くらいしかなかったんですよ。喫茶店のコーヒー代も払えなくて。ネプチューンのホリケンに「おごってくれ」って泣きついて。最後2頭軸で3頭選んで買ったら、それが80万円になった(笑)。

渡辺:うはっ!

ゴルゴ:わずか1週間でそのときは400万ゲットですよ。

渡辺:羨ましい!

ゴルゴ:そのときはカブキメイクっていう馬いいなって思って。パドックで見てね。そんなもんよ。力入れているときは当たらないけど、力が抜けたらスッと当たる。

渡辺:そうなんですよね。話し伺っているとゴルゴさんは確固たる信念がありますよね。

ゴルゴ:それはいい女抱いてないからだよ。

渡辺:ええ!

ゴルゴ:いい女抱いていたら揺らがないから。気持ちが。気持ちが揺らぐような女を選んでいるからだよ。軸不動のいい女を選ばないと。

渡辺:ゴルゴさんはいい女抱いているんですね。

ゴルゴ:いい女?…かみさんだよ(笑)。キャプテンはまだ結婚してないんでしょ? 早く結婚しなよ。

渡辺:これがなかなか…(笑)。

もっとG1を増やしてほしい
アイビスサマーダッシュとか札幌記念とか(ゴルゴ)

「ディープ産駒だけのレースとか見たい」(ゴルゴ)
「家族限定レース、いいですね!」(渡辺)

渡辺:そろそろ締めに入っていきたいんですが、競馬ファンに何かひと言ありますか?

ゴルゴ:働いて稼いだ大切なお金をぜひ土日増やしてください! ゼロにしないでください! 毎年、たくさんの馬がデビューして昇格したり引退していく馬もいますが、自分の人生を投影できる馬を見つけると競馬が楽しくなると思います。

渡辺:JRAには何かありますか?

ゴルゴ:G1を増やしてほしい。

渡辺:だいぶ増えましたよ!

ゴルゴ:いえいえいえ。ダートの1400mとか。距離体系のG1はもっとほしい。あと夏のG1ね。アイビスサマーダッシュと札幌記念。あとはディープインパクト産駒だけのレースだとか、家族、兄弟だけのレースとか。

渡辺:出走条件が家族限定(笑)。

ゴルゴ:この前、木幡4家族馬券買ったよ。横山3家族。木幡4家族。柴田2兄弟とか。兄弟家族だけのレースを見てみたい。

渡辺:そろそろ番組に行かないといけなくて。この辺で…。

ゴルゴ:このあとテレ東の番組収録でしょ? オレもでるよ。

渡辺:それはマズいですよ(笑)。

ゴルゴ:一般ファンとして、四つん這いしている後ろで野次ってあげるから。「馬券当てろ!」「結婚しろー」って(笑)。

渡辺:や、やめてください…(笑)。


ゴルゴ松本さんへのインタビューは今回で終了です。
次回は(有)サンデーレーシング代表、吉田俊介さんです


ゴルゴ松本:1967年4月生まれ。お笑い芸人。1985年甲子園出場。お笑いコンビ「TIM」のボケを担当。ワタナベエンターテインメント所属。『命』『炎』などの「人文字ギャグ」のギャグで一世風靡。「BSイレブン競馬中継」のメインパーソナリティを6年間務める。趣味のゴルフはセミプロ級の腕前。著書に『あっ! 命の授業』など。
キャプテン渡辺:1975年10月生まれ。お笑い芸人。競馬、競輪、パチンコ、パチスロは趣味の域を超えていまや生活の一部に。特技は関節技。2015年度の船橋競馬場のイメージキャラクターを務める。現在テレビ東京系列で放送中の『ウイニング競馬』にレギュラー出演中。
※この記事は 2017年5月12日 に公開されました。